住み替えをするときのマンション査定の方法

マンション売る

横浜でマンション売却のテクニック

マンションを売るとき気になるのはどれだけ高く売れるのか?ということでしょう。

そこで、1つ知っておくべきことがあります。
マンションも、株式投資やFXなどと同じように投資と考えるべきだということです。

投資としての観点

株式投資を考えると簡単で、安く買って高く売ることで利益を得ます。

不動産の場合、若干そこに経費や減価償却など容易に計算できるものではありませんが、相場上下しますし、投資として考えるべきだと考えます。

横浜のマンション売却相場

幸い今の時期、横浜は年々、地価相場は上昇傾向にあります

東京オリンピックが決まり、、株価も右肩上がりということで、首都圏だけなく、横浜も上昇傾向は疑う余地はありません。

一般的に、マンションを購入する場合、住宅ローンを組むわけですが、
今のタイミングで売却すれば、高値で売却が可能ですから住宅ローン残を支払っても手元にそれなりにお金が戻っている計算になるかと思います。

マンション査定

横浜のマンション売買状況

住みたい街ランキング2018
リクルート住まいカンパニーで、 関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の7000人を対象に実施した「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018 関東版」を発表しました。

住みたい街ランキング

今回は、調査方法を一部変更したようですが、なんと住みたい街(駅)ランキングのTOP3は、1位「横浜」、2位「恵比寿」、3位「吉祥寺」という結果になりました

住みたい街ランキング1位になるということは単純に、地域の価値があがるようなものです。

あくまでも、アンケート結果での数字なので、ダイレクトに地価が上がるという意味ではありませんが、売却時においての売り文句の1つになりますので、高額売却の要因になることは間違いありません。

交通アクセス・電車を考える

  • 根岸線
  • 京浜東北線
  • 横浜線
  • 東海道線
  • 横須賀線
  • 湘南新宿ライン
  • 横須賀
  • 成田エクスプレス
  • 湘南新宿ライン
  • みなとみらい線
  • 東横線
  • 京浜急行電鉄
  • 相模鉄道
  • いずみ野線
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン

などがあります。
交通アクセスを考えるだけでも、横浜の人気がうかがえます。

横浜の人気スポット

  • 横浜中華街
    日本最大の中華街。色鮮やかな門をくぐると、華僑が経営するおよそ 250 軒の店や飲食店が並ぶ。
  • 横浜赤レンガ倉庫
    レンガ造りの倉庫を改造したショッピング センターと文化施設。
  • 横浜ランドマークタワー
    ホテル、ショッピング モール、オフィス、360 度見渡せる展望フロアを備えた超高層ビル。
  • 横浜・八景島シーパラダイス
    海の動物たちのショーが楽しめる水族館、各種アトラクション、マリーナも併設。
  • 三溪園
    1906 年開園の伝統的な日本庭園
  • 新横浜ラーメン博物館
    ラーメンをテーマにしたフードコート。
  • 横浜マリンタワー
    横浜港を象徴するタワー。
  • 横浜ベイブリッジ
    横浜市の大黒ふ頭から本牧ふ頭にかかる斜張橋
  • 野毛山動物園
    広大な公園にトラをはじめ 90 種類もの動物を飼育するアットホームな動物園
  • 山下公園
    1930 年に開園した人気の海浜公園。花壇や記念碑、噴水も見所。

マンション売却

横浜でえマンション売却する場合の住み替え事情

横浜でマンションを売るとき、住み替えをするときは、

  • 「先に新しいマンションを購入するか」
  • 「先に既存のマンションを売るか」

ということを決めなければなりません。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、よく考える必要があります。

しかし、どちらの方法をとるにせよ、最初にマンション査定を行いましょう。

マンション査定

マンション査定の結果によっては、どちらの方法もとれないかもしれません。

マンション査定の結果、
マンションの価値がローン残高よりも高い場合には、マンションを売却したお金でローンが完済できるので、問題ありません。

しかし、マンションの価値がローン残高よりも低い場合には、ローンが完済できません。

マンション売るなら

差額を貯金から出せる場合はよいですが、出せない場合にはローンが完済できず、そのままでは売れないという問題が起きます。

抵当権

抵当権がついている不動産を売る方法として、
任意売却という方法がありますが、住み替えをするときにはこの方法はとれません。

任意売却は、住宅ローンが払えなくなった人のための制度なので、この制度を利用すると次のローンの審査に通らなくなります。

買い替えローン

この場合、住み替え専用のローンである「買い替えローン」を利用することになるでしょう。

しかし、「買い替えローン」の審査はとても厳しいため、年収などに余裕がある人向けのローンとなります。