鎌倉野菜ってなあに?

鎌倉野菜

鎌倉野菜ってなあに?

京都の京野菜と同じように注目されている、鎌倉の「鎌倉野菜」。

鎌倉野菜とは、新鮮でおいしく、安心・安全を心がけて育てられている野菜です。

料理はもちろん、そのまま食べてもおいしい鎌倉野菜は、小さい子どもからお年寄りまで、さまざまな人に愛されている野菜です。

鎌倉野菜の特徴

鎌倉野菜の特徴神奈川県、三浦半島西側に位置する鎌倉(鎌倉市)は、一年中気候が温暖で安定しているので、野菜の栽培に適しています。なので、おいしく新鮮で種類が豊富な野菜が育つのです。

鎌倉には山と海があり、自然に恵まれた土地なので、野菜が生き生きと育ちます。

鎌倉野菜の特徴は、たくさんの種類の野菜を、それぞれ少しずつ育てていることです。

量ではなく、質と種類に優れたブランドです。キャベツ・トマトなどの定番の野菜から、少し珍しい野菜まで、一年間で約100種類の野菜が育てられ、たくさんの人の手に渡っています。無農薬や、農薬を減らすことにこだわり、安心・安全を目指しています。

これからも、たくさんの人に愛される野菜になっていくでしょう。

ナス
一言めも

鎌倉野菜は鎌倉で栽培されたものだけがこの名前で呼ぶことが出来るのが特徴で、京都の京野菜と同じような価値を持つ野菜でもあるのです。
但し、京野菜とは異なり、どれが鎌倉野菜であるのかと言う境界はなく、地元で採れたものをこのように呼んでいると言います。
また、この野菜は鎌倉市農協連の即売所などで生産者から直接購入する事が出来ると言われているのです。

トマトの種類にはアイコ、ピーチトマト、黒トマトと言った種類が有ります。

アイコは高糖度のミニトマトで、一般的なミニトマトと比べるとゼリー部分が少なく、生の状態でも加熱でも美味しく食べることが出来ます。

ピーチトマトは見た目が桃のようなことからこのように呼ばれているのですが、このトマトは甘みが爽やかであることからもサラダで食べるのが良いと言います。

黒トマトは、黒味が濃い赤い色をしており、独特の食感が有り、甘みの強いトマトなのです。

ナス
一言めも

鎌倉野菜は最近ずいぶんとブームに乗ってきていますが、おしゃれな人たちの間では、週末などに集まってバーベキューをする時に使われたりしています。特に茄子は夏野菜の中でも人気の野菜ですが、千両ナスや白ナスはそのまま皮をむかずに豪快に鉄板で焼くとホクホクして美味しいものです。

特に千両ナスは、大きさの割にお財布にも優しいので、お店で良さそうなものを見つけたら多めに買っておいても良いでしょう。水ナスも鎌倉野菜の中では目立つ存在ですが、これはさっと洗って塩をまぶして浅漬けにするのが一番美味しい頂き方とされています。皮をつけたままパリッとした食感を楽しむのも良いですし、ピーラーでシマシマになるように皮を剥いてから漬けても、見た目もおしゃれになります。京野菜のようにブランド化した鎌倉野菜ですが、そのお値段に納得するだけの美味しさと、何よりも生産者が分かり、安心感のある品だということも、人気を呼んでいる理由かもしれません。

ナス
一言めも

鎌倉野菜には普通のピーマンの他に、カラーピーマンやバナナピーマンと呼ばれるものがあります。

カラーピーマンはパプリカに似ていますが、パプリカほど肉厚ではありません。色によって味が違うと言う特徴があり、甘みがあってとても美味しいです。炒めるとほんのり色も変化するようで、ぜひ家で調理してみたい食材です。

バナナピーマンは聞いたことが無い方も多いと思いますが、ピーマンと言うよりは唐辛子の甘味種でフルーティーな味わいが特徴です。調理方法は通常のピーマンのように炒め物にしたり、生サラダとして食べると美味しいです。このピーマンは炒めても色が変わらないのが魅力できれいな色が食卓に花をそなえてくれます。

ナス
一言めも

殺菌作用があり、食欲増進に効果的なグリーンマスタードは食物繊維も豊富です。マスタードの原料となる種だけでなく、その葉も爽やかな辛味を持っていますので、サラダや肉や魚料理の添え野菜として大活躍します。

レッドマスタードは、色が鮮やかでビタミンやミネラルも豊富。ベビーリーフとしても人気ですし、育った葉っぱも葉物サラダのアクセントとして便利ですし、こちらも肉料理との相性がいいので付け合わせ野菜としても活躍します。

どちらの葉もマリネやパスタ、サンドウィッチの葉ものなどにも使用できる他、おひたしや、漬物、炒め物などにも使えます。種類の豊富さだけでなく、鮮度と味も自慢な鎌倉野菜の中でもとびきりフレッシュな品種の野菜です。

ナス
一言めも

紅しぐれを切ってみると、皮のあたりは紫色になっていて、中心部分もうっすらと色がついていますので、薄くスライスしてサラダに入れると彩りもきれいでお勧めです。また紅しぐれは、お酢につけるとピンクがかった色に変色するので、子供たちと一緒に楽しむ事も出来ます。

鎌倉野菜の仲間としては、二十日大根も忘れてはなりません。ヨーロッパなどでは家庭料理としても頻繁に食卓に上る二十日大根ですが、ころっとしていて鮮やかな色も目をひくので、パーティー料理などにも欠かせないアイテムなのではないでしょうか。付け合せとして使われることも多いですが、洗って塩と酢、砂糖をまぶして保存袋に入れておくと、翌日には可愛らしいお漬物になります。

ナス
一言めも

ルッコラは他の野菜とまぜてサラダにして食べるのが定番の、ゴマのような風味が感じられる香草です。イタリア料理で御馴染であり、焼き上げたピザに刻んだ生のルッコラをのせて食べると風味がぐんとアップします。

コリアンダーは日本料理では馴染みがない食材ですが、葉の部分はタイではパクチーと呼ばれています。独特の強い香りがあり、好き嫌いが分かれてしまいますが、スープや麺類と一緒に、また時にはサラダにして食べます。

イタリアンパセリも鎌倉野菜では人気の野菜です。いわゆるパセリに比べると香りも風味も柔らかく食べやすいのが特徴です。細かく刻んでスープにちらすほか、パスタに加えたり、ドレッシングに混ぜたり、またそのまま食べやすい大きさにして肉料理などに添えても良いでしょう。

ナス
一言めも

一方、紫からし菜は、葉っぱには細かい切れ込みが入っている形状をしているので、サラダからし菜と同じく、サラダにして美味しく食べられます。 栄養価が高いこともありますし、紫の色あいがサラダのアクセントとなり、より美味しさを演出してくれます。

これらの野菜は、鎌倉で生産されている鎌倉野菜ならではの美味しさです。 野菜の持ち味を最大限活かすためにも、鮮度の良いサラダからし菜、紫からし菜を生でドレッシングは各種こだわって変化を楽しみながら、味わうにも最高です。

栄養価が高いサラダを召し上がりたい方にお勧めの鎌倉野菜ですので、健康のことを考えた食事を目指している方に最適です。

ナス
一言めも

一般的なグリーンのズッキーニに比べると、まろやかな甘さが見られるイエローズッキーニですが、調理をする際には是非とも皮をつけたまま切ってあげましょう。ベーコンと玉ねぎと共に炒めて、白ワインと少しだけ生クリームを落としてあげれば、おしゃれなパスタソースになります。トランペット・ズッキーニも可愛らしくて人気の鎌倉野菜ですが、これは是非イタリアンレストラン風に仕上げてみましょう。コロッケなどに使う日本のパン粉よりも細かい、ヨーロッパで使われているパン粉があるので、それをタマゴとともにトランペット・ズッキーニにふんだんにまぶしてあげて、油でカラッと揚げれば完成です。

【PR:タマゴサミン】
メディアで有名!タマゴサミンの口コミ