横浜のお花見スポット・桜の名所

さくら通り・汽車道

人気のお花見スポットから、知られざる桜の名所まで、横浜ならではの桜スポットを厳選してご紹介します。
2018年の桜の開花予想は、3月初旬に発表予定です。

さくら通り・汽車道

その名のとおり、「さくら通り」は桜木町駅から横浜ランドマークタワー、パシフィコ横浜へと続く約500メートルに渡る桜並木で、淡紅色と白色が美しいソメイヨシノが花を咲かせる、市内屈指のさくらの名所です。
桜木町駅から横浜ランドマークタワーに続く動く歩道からは、桜並木の背景に帆船日本丸と大観覧車コスモクロックが臨める絶好のフォトスポットです。

山下公園

海への眺望が美しい、言わずと知れた横浜を代表する観光名所です。園内の花壇やバラ園では、1年を通じて季節の花々が楽しめますが、春の時期は「日本郵船氷川丸」や「横浜マリンタワー」をバックに桜が撮影できる、横浜ならではのお花見スポットです。特に公園の東側、「世界のひろば」周辺の桜は見事です。

山下公園

三溪園

生糸貿易で財をなした実業家・原三溪が開園した17万5000㎡の敷地を誇る日本庭園です。梅や桜、ツツジなど美しい花々の名所として知られています。満開の桜が古建築に彩りを添え、美しい日本の春を堪能できます。ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、シダレザクラのほかに、園の創設者 原三溪の出身地・岐阜県ゆかりの淡墨桜2世や荘川桜2世、高桑星桜などの珍しい品種を含む、約300本の桜がご覧いただけます。

三溪園

金沢自然公園・金沢動物園

金沢自然公園は、横浜最大級の緑に囲まれた約60万㎡の広大な自然公園です。併設された動物園では、ゾウを見ながらお花見が楽しめる、インドゾウ展示場前の桜並木が特にお勧めです。金沢自然公園内では、ソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、サトザクラ、コヒガンザクラ、ヨコハマヒザクラ等、十数種、約2,000本もの桜があり、比較的長く、さまざまな品種の桜がお楽しみいただけます。

金沢自然公園・金沢動物園

三ツ池公園

三ツ池公園は、JR鶴見駅の北西約1.8kmに位置し、名前の由来にもなっている三つの池を豊かな樹林が囲んでいます。この公園の最大の特徴は、日本の「さくら名所100選」に選ばれていることです。2月中旬に開花する寒桜を皮切りに、78品種およそ1,600本のさくらが少しずつ時期をずらして花を咲かせ、来園者に親しまれています。

三ツ池公園